隕石とは


▍天降隕石

 

惑星間空間に存在している個体物質が地球に落下したもの。

大半は大気圏にて高熱により気化してしまう或いは大気との衝突により粉砕されますが、そんな中で塊として地表に落下したものが隕石といわれます。

 

それら地球上に落下された隕石の多くは、およそ45億年ほど前に形成されたもので星が形成される当時の始原的な物質であろうと推定されているそうです。

隕石と流星の起源天体は必ずも同種とはいえないとされています。

 


▍地球上にみる歴史

 

2017年現在のところ、北九州直方に落下された隕石が正式に認められた世界最古の隕石だといわれます。保管されていた桐箱を放射線炭素年代測定したところ西暦410年±350年であったことから伝承や箱書きが認められ正式に世界最古の落下目撃隕石となったそうです。直方の須賀神社に保存されている石は石質隕石(Stony-Iron Meteorite) コンドライト隕石。Wikipediaより)

 

 

世界最大のホバ隕石(写真:Wikipediaより)
世界最大のホバ隕石(写真:Wikipediaより)

 

ちなみに今のところ世界最大といわれる隕石総重量は66t、ナミビアのホバ隕石とされています。

Wikipediaより)

 


▍隕石の種類

鉄隕石

 

主に金属鉄から成る隕石で分化した天体の金属核に由来。

ヘキサヘドライト・オクタヘドライト・アタキサイトに分かれ、その中のオクタヘドライトは、ギベオンで有名なウッドマンシュテッテン構造が特徴的な模様となっています。石器時代から槍や農具、中世になりナイフなどに用いられていました。

 

石鉄隕石

 

天体の金属核を包むマントルが石鉄隕石。パラサイトとメソシデライトに分類され、トロイライトと呼ばれる金属光沢をもつ硫化鉄鉱物を含んでいる場合が多く、その模様は芸術的で人気の高い隕石のひとつです。

 

石質隕石

 

地球に落下する隕石の90%以上が石質隕石。衝撃波加熱によって非常に強い衝撃を受けて溶解された上で瞬間冷却により固化した際に形成されるものだそうです。コンドライトとエイコンドライトに分類され、未分化の天体がコンドライト。分化された天体がエイコンドライト。月隕石や火星隕石は、エイコンドライトに入ります。

 


▍店主から一言

 

未知なる宇宙から授けられた隕石は古くから日本でもご神体として崇められてきました。放たれる波動は、他に類をみないほど強力なものです。

 

隕石を掌に乗せると、身体のどのチャクラが活性するか・・・

波動に敏感な方は、プラスに作用する隕石によるエネルギーの蠢きに驚くようです。

 

出口のみえない問題が多くなってきている現在に、まるで宇宙の叡智が我々に手を差し伸べて下さっているかのような様々なシンクロを磁力のように引き寄せては問題の解決に導いて下さるよう…

 

皆様と隕石とのご縁結びになりますよう。