コンドライト


▍コンドライト隕石

 

主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、地上に落下する隕石の約86%相当をしめ、全ての隕石の基とされています。

 

こうした隕石は火星と木星の惑星間の小天体で、金属核を包むマントルであり内部で熱を溜めないことから活動せず、初期の年代形成のままであるとのことから、地球の起源を探す重要な研究材料として非常に貴重な存在とされています。

  

コンドライト(写真:Wikipediaより)
コンドライト(写真:Wikipediaより)

地球の岩石にはないとされるコンドリューと呼ばれる球粒隕石(コンドライト)を細かい鉱物の結晶が包み込んでいます。それらが鉄とニッケルを主成分とした金属で生成されているので、隕石の大きな特徴である磁力をもっています。

 

コンドリューを多く含むか否か(鉄などの金属物質)分類されています。

 

 

一般に流通しているコンドライトはNWA(North West Africa)869、こちらはサハラ砂漠に落下した隕石で、一度、火星に衝突したのちに弾き飛ばされた宇宙の壮大なドラマをもつ隕石です。

 


▍コンドライトの効果・特徴

 

  • 潜在能力を引き出す
  • 非常に強いグラウディング
  • 生命エネルギーの活性化
  • ブレない軸を作るサポート
  • 強い集中力と目的達成への精神性
  • 内なる自信と自己信頼、自己肯定感を引き出す
  • 不安、焦燥感などからの回復
  • 衝動性、突発的言動からの回避
  • ストレスやプレッシャーからの解放

 


▍店主からのメッセージ

 

コンドライト隕石を手にすると、おへその下にある丹田にドシンとした重みを感じました。第2チャクラであり身体の中心軸であるため、強い安心感に包まれ自己信頼に目覚めるようです。

 俗に「腹が据わる」と言いますが、まさしく言葉通りの感覚。

“矢でも鉄砲でも持ってこいっ!”的な肝の座り方にさせるかのようです。

コンドライトをつけて瞑想をすると、神なる宇宙と一体になれるかのようです。


*隕石は個体により波動の強弱があります。

また効果・特徴などは科学的に証明されたものではありません。


▍コンドライトのジュエリー