隕石について


▍隕石とは

隕石とは(写真:Wikipediaより)
隕石とは(写真:Wikipediaより)

惑星間空間に存在している個体物質が地球に落下したもの。大半は大気圏にて高熱により気化してしまう或いは大気との衝突により粉砕されますが、そんな中で塊として地表に落下したものが隕石といわれます。

 

●隕石についての説明はコチラ>

 


▍ギベオン

ギベオン
ギベオン

約4億5千年前に地球に落下されたと考えられるギベオンは、地球上に存在しない成分が含まれており又、人工的に作り出せない「ウッドマンシュテッテン構造」と呼ばれる特徴的な模様を作り出しています。

 

●ギベオンの説明はコチラ>


▍モルダバイト

モルダバイド(写真:Wikipediaより)
モルダバイド(写真:Wikipediaより)

チェコ共和国のモルダゥ河流域周辺で採取されたことからモルダバイトと呼ばれていますが、現在のドイツ南部バイエルン地域で隕石が落下し、地球上の有機物を巻き込みながら空中に跳ね上げられ、1000分の1秒という瞬間冷却により凝縮されたもの。

 

●モルダバイトの説明はコチラ>

 


▍コンドライト

コンドライト(写真:Wikipediaより)
コンドライト(写真:Wikipediaより)

地球の岩石にはないとされるコンドリューと呼ばれる球粒隕石(コンドライト)を細かい鉱物の結晶が包み込んでいます。一般に流通しているコンドライトはNWA869、こちらはサハラ砂漠に落下した隕石で、一度、火星に衝突したのちに弾き飛ばされた宇宙の壮大なドラマをもつ隕石です。

 

●コンドライトの説明はコチラ>

 


▍リビアングラス

リビアングラス(写真:Wikipediaより)
リビアングラス(写真:Wikipediaより)

リビア砂漠のクレーター付近で発見されることから、別名Desert Glass(砂漠のガラス)と呼ばれ珍重されているリビアングラスの起源は未だに解明出来ていません。ボストン大学の研究によると、放射性同位体元素である年代測定では2800万年前のものであるとわかっています。

 

●リビアングラスの説明はコチラ>

 


▍月隕石

月隕石(月の粉ペンダントトップ)
月隕石(月の粉ペンダントトップ)

隕石ハンターとして著名なマイケル・ファーマー氏によってサハラ砂漠で発見された大変貴重な月の隕石です。アリゾナ大学と、UCLAの教授達の研究によって、NWA482と分類されました。画像は月を粉末状にしてガラスに閉じ込めたペンダントトップです。

 

●月隕石の説明はコチラ>

 


▍プレセリブルーストーン

プレセリ丘陵(Wikipediaより)
プレセリ丘陵(Wikipediaより)

今から5000年前、現在は世界遺産となったストーンヘンジの建造に使われた石で、鉱物的にはドレライトの一種。英国ペンブロークシャーのプレセリ丘陵のある場所で採掘されます。世界で唯一、この地域で取れたドレライトのことを、プレセリブルーストーンと呼ぶことができます。

 

●プレセリブルーストーンの説明はコチラ>